パクチーの種まき

パクチー

 今朝の京都は雨降りなうえに、気温がぐんと下がってきました。

 何と、朝7時の気温が13℃!

 例年だったら、これが普通なんですが、先週がずっと30℃近く気温が上がる暑さだったので、体が付いていくのが大変です(>o<)

 それでも、我が家の野菜達が元気に育ってくれているので、気持ちをホットにしてくれています。

 9月18日に種まきをして、約1ヶ月経過したほうれん草です。

 ほうれん草は、草丈が7~8cmになってきたら追肥を行うので、少しだけ化成肥料をあげておきました。

 あまりあげすぎるとアブラムシが発生してしまうので、最小限にしておきました。

 こちらも9月18日に種まきを行ったミニごぼうです。

 ちょっと陽当たりが良くないのが難点ですが、枯れることなく育ってくれています。

 ミニごぼうにも追肥をしておきました。

 そして、9月19日に苗を植え付けたキャベツです。

 こちらも、厳重にネットを被せていたおかげで、虫に食べられずに大きくなってきました。

 今日は、時間がなかったので追肥できませんでしたが、そろそろ最初の追肥を行って、土寄せする必要があります。

 でも、土で固めているネットをめくるのが、面倒なんですね~(。・・。)

 今週中には、ちゃんと追肥しようっと♪

 そして、今日は、植えていたタイムが枯れてしまったので、その鉢にパクチーの種まきをしました。

 パクチーは、今、結構、流行の野菜ですが、育てるのは初めてです(^0^)

パクチーの種まき

 5月に苗を植え付けたタイムですが、暑い夏を乗り切ることができずに、枯れてしまいました。

 この鉢にパクチーの種をまきますが、タイムはしっかり根を張っていたので、この土をそのまま使うことはできないため、土の入れ替えを行います。

 この土も再利用するために、ポリ袋に入れておきます。

 そして、熱湯消毒をして、リサイクル剤を混ぜていた土を使います。

 この土は、今、栽培中のベビーリーフでも成長がとっても良いので、パクチーが育つものとっても楽しみです♪

 パクチーの種をプランターにまくときは、深さ1cmの溝を2~3cmの間隔で作っていきます。

 その溝に2cm間隔で、2粒ずつまいていきます。

 パクチーの種は、玉ねぎのようしっかりした形をしているので、2粒ずつ、まきやすいです。

 そして、最後に土を被せて、水やりをしたら完了です。

 陽当たりの良い場所において、たっぷり太陽をあてることと、水やりをしっかりしてあげれば、早ければ、2週間ほどで発芽します。

パクチーの種類と特徴

 パクチーの元々の原産地は、ヨーロッパの地中海沿岸で、セリ科の植物です。

 タイ料理によく使われているイメージがあるとおり、「パクチー」というのはタイ語で、英語名は、「コリアンダー(coriander)」といいます。

 私が、今日、種まきを行ったパセリに似たパクチーは、「パクチー・ラー」といって、日本で最も一般的なパクチーです。

 パクチーは、独特な強い香りがしますが、このパクチー・ラーは、パクチーの中では、香りの強さが最も軽いパクチーだと言われています。

 その他には、大きな葉でギザギザの葉形をした「パクチーファラン」という強い香りのするパクチーや、「パクチー・ラオ」といって日本ではディルの名前で知られたパクチーなどがあります。

 パクチーは、βカロチンやビタミンC、E、カルシウムといった栄養素の他にリナロールやゲラニオールという精油成分が含まれており、胃腸の働きを助ける栄養素が含まれています。

 また、体内にたまっている老廃物を体外に排出するキレート作用もあるといわれていますので、体の健康に万能な野菜になっています。

 健康志向の人たちに大人気なのも納得ですね。

 たくさん育てて、体に良い料理にどんどん使っていきたいですね。

コメント