ごぼうとほうれん草の種まき

ミニごぼう

 一昨日の収穫をもってミニトマトのアイコの収穫が終わりました。

 アイコは、4月19日に苗を植え付け、6月30日に初収穫してから、約2ヶ月半もの間、収獲出来ました。

 ミニトマトは、病害虫にさえ気をつければ、栽培が簡単な上に、たくさん美味しいミニトマトが収穫できるので、家庭菜園で育てる野菜の中ではコスパはかな~り上位にきます。

(だから、毎年、ミニトマト栽培は、外せませんね(^^ゞ)

 一昨日は、他にも韓国とうがらし、リーフレタス、ミョウガが収獲出来ました!

 韓国とうがらしは赤色で辛~いイメージがありますが、赤色に染まるのは10月頃からで、この時期は、まだ青くて味も甘辛という感じです。

 青いまま放置していても、実が腐ってしまうだけなので、ある程度、大きくなったら収穫して、かつお節としょう油で炒めて食べると、とっても美味しいです♪

 リーフレタスは、毎日の水やりだけで8月以降は追肥もしていません。

 追肥のタイミングは難しいですが、追肥を行いすぎるとアブラムシ発生の原因にもなるので、葉が元気そうなうちは追肥を行わないようにしています。

 これで、放置しておいても、切っては生えて、切っては生えてしてくるので、この状態になったら理想的です。

 我が家のベランダは、リーフレタス栽培には最適かもしれません。

(午前中は日陰、午後は1日陽当たり良好。風通しは中の下といった感じです^_^;)

 ミョウガは、夏が収穫の最盛期で、放っておくと花が咲いてしまい、花蕾の味が落ちるので、上の写真くらいに頭が出てきた時が収穫のタイミングです。

 今日も色艶の良いミョウガが1個だけ収獲出来ました。

 今、我が家で収穫出来ている野菜は、リーフレタス、ミョウガ、シソだけになり(ネギはまだ、発展途上中です・・・)、そろそろ新作を育てないと秋の収穫量が減ってしまうので、この前、栽培プランで計画したごぼうとほうれん草の種まきを行いました。

ごぼうの種まき

 ごぼうは、長いものだと長さが1m近くにもあるので、植え付けするにはある程度の深さの畑が必要です。

 よって、家庭菜園で育てやすいのは、長さが30cm前後のミニごぼうと呼ばれる品種のものです。

 今回は、長さが40cmほどしかならない品種のごぼうの種をプランター蒔きしました。

 ごぼうは、酸性の土壌に弱いので、このプランターには、1週間ほど前に苦土石灰と化成肥料をまいて土作りをしています。

 畑に種まきをするときは、まき溝を作って1cm間隔でまいていきますが、プランターの場合は、1cm間隔だと混み合いすぎるので、10cm間隔で約1cmの深さの穴をあけてまいていきます。

 1つの穴に3,4個の種をまいていきます。

 ごぼうの種は好光生の植物(光を当てることによって発芽する植物)なので、軽く土をかけて、最後に水やりを行いました。

 ごぼうは、種まきしてから10日~2週間くらいで発芽します。

ほうれん草の種まき

 ほうれん草には、たくさんの品種がありますが、秋まき用の品種としては、「豊葉」、「次郎丸」、「日本」などがあります。

 たまたま、買いに行ったDAISOに、「次郎丸」が置いてあったので、この品種を育てることにしました。

 次郎丸ほうれん草の発芽適温は、15℃~20℃なので、これから発芽させるには最適な品種です。

 ほうれん草は、7月まで枝豆を育てていた鉢形プランターで育てることにしました。

 このプランターも1週間ほど前に、苦土石灰と化成肥料を混ぜています。

 ほうれん草も、栽培に適正なpHは6.5~7.0と酸性土壌は苦手にしています。

 プランター鉢に、10cm間隔のまき溝を3列作りました。

 このまき溝に、1cm間隔でほうれん草の種を2個ずつまいていきます。

 ほうれん草は、5日~1週間くらいで発芽します。

 ただ、夜に街灯などの明かりが当たる場所で育てると、昼の時間が長いと勘違いしてしまい、茎が伸びすぎて葉が固くなってしまうので、夜間は真っ暗になる場所で育てるのがオススメです。

コメント