いちご畑にマルチ張り・リーフレタスの久々の収穫

いちご

 我が家のいちご(ワイルドストロベリー)は、昨年、たくさん小苗を作ってくれました。

(昨年7月の絶賛増殖中の写真です(^^ゞ)

 この小苗のうち、ミニ畑に3株、プランターに5株の計8株を現在、育成中です。

 いちごは、寒さにも強く、何とか厳しい冬を乗りきってくれそうで一安心です♪

 春が近づき、暖かくなってくると株がどんどん大きくなってきます。

 いちごは、実が付くと茎から垂れ下がってくるので、株が大きくなる前にマルチを張ってやるか、わらを敷いてあげなければなりません。

 そこで、まだ、株が小さいうちに、マルチ張りを行いました。

いちごのミニ畑にマルチ張り

 まず、霜害防止のために張っていたネットを外してあげます。

 3つの株とも小ぶりですが、いい緑色をしています。

 株元からは、新しい芽も顔を出しつつあります。

 いちごの成長って、見ていてほんとに飽きないくらいカワイイです!!

 この畝全体にマルチを張りますが、マルチを張る目的は、いちごの実がなると茎から垂れ下がって、下の土に当たって汚れてしまいます。

 その時に、いちごが汚れたり、腐ったりしないようにするためにマルチを張ってあげます。

 まず、マルチを張る前に、植え付けから一度も行っていない追肥をしておきます。

 追肥は、化成肥料を30g/㎡の割合で、株の周りにまいておきます。

 追肥をした後は、真ん中の株に中心を合わせて、上からそっとマルチを掛けてあげます。

 株の位置に合わせて、マルチを十字に切って、株をマルチの上に出るようにします。

 同じようにほかの株も穴を切って、株がマルチの上に出るようにしたら、マルチを張って、マルチ止めをしておきます。

 これで、どんどん大きくなっても安心です(^^♪

ベランダ菜園のいちごにも追肥

 ベランダで育てているいちごも、1つ元気がなさそうですが、あとの4つの株は、元気な緑色の葉をしています。

 右奥の株は、ちょっとお疲れ気味です・・・

 このプランターにも追肥を行いますが、ベランダは、他の野菜も育てており、あまり、肥料をやりすぎるとアブラムシ発生の原因になるので、1つのプランターに1gくらいの少量だけまいておきました。

 そして、プランターにはマルチは張れないので、大きくなってきたらわらを敷いてあげます。

 まだ、株が小さいので、このまま見守ってあげます。

 畑のいちごもそうですが、土が乾いた時だけ水やりを行います。

久々にリーフレタスの収穫

 昨年の10月31日に種まきしたリーフレタスが、まだまだ元気です。

 初収穫は、1月31日だったので、今日は2回目の収穫です。

 ちなみに11月15日の時点では、まだ小さなカワイイ新芽でした(^^♪

 春や夏ほど生長は早くありませんが、冬でもビニル付きの菜園棚の活用や家の中で育てれば、ゆっくりでも元気に生長してくれます。

 久々にたくさん採れて、計25gでした♪(トレー重量除く。)

 いつものように、なるべく新鮮なまま長い間、保存できるように、水で優しく洗って、

不織布ふきんとフリーザーバッグを使って冷蔵庫で保存します。

 リーフレタスやベビーリーフの新鮮な保存方法は、こちらの記事もご参考にしてください。

404 NOT FOUND | 珠子のおいしいものを育てたい💚
家庭菜園でおいしいものを育てて家計食費の自給率アップを目指すブログです

 北陸や東北・北海道は、雪が大変そうですが、早く暖かくなって、植物の成長が始まる季節になるといいですね。

 今週末から、一気に暖かくなる予報なので、当たってくれますように♪

コメント