九条ネギの種まき

ネギ

こんにちは、珠子です。

この冬まで3年ほど収穫できていたネギを昨年末に一斉に根元から収穫していたので、今日はネギの種まきをしました。

ネギの種まきは、品種にもよります。今日植えるのは、九条ネギ(葉ネギと呼ばれるものです。)で、よくラーメンにきざみネギとして入っている細長いネギです。

種をまく時期なんですが、九条ネギは、暖かくなってきた3月下旬~4月いっぱいまでがよいのですが、ここのところ暖かい日が続いており20℃こえる日も出てきているので、少し早いですが、今日、種まきすることにしました。

1.まずは土づくり

うちのミニ畑も空いているのですが、この畑には夏野菜を植えたいので、今回はプランター植えにしました。

まずは、プランターに土入れします。土は野菜用の培養土を使います。

ネギを植える土は酸性が強すぎると生育に良くないのでpHが6.0~7.0が理想です。

園芸の本やネットでは、地植えの場合は苦土石灰をまいて中性(pH7.0)近くまで弱酸性にした方が良いと書かれていますが、プランター植えの場合は、「野菜用の培養土だと苦土石灰はいりません。」と書いてあったり、「苦土石灰は種まきの1~2週間前にはまきましょう」と書いてあったり、様々です。

そこで、活躍するのが先日、購入した土壌酸度計!

pH6.8。十分くらい中性に近いので、苦土石灰は必要なしです。

ホント、土壌酸度計、便利です。

シンワ測定 土壌酸度計 PH 計 A 72724

価格:3,280円
(2021/3/16 04:11時点)

2.種まき

プランターに土入れしたら、いよいよ種まきです。

珠子のプランターの幅が17cmくらいなので、1つのプランターに2列で植えることにします。

(ネギの場合、1列と1列の間が10cmもあれば十分です。)

深さ1cm位の溝ができるように植える列を指でなぞります。

今回は、プランターを2つ使って植えるので、合計4列の溝を作ります。

次に1列ごとの溝に種をまいていきます。種を5~8粒くらい指でつかみ、1cm間隔でまいていきます。

これで、あとは上から優しく土をかけてやれば完了です。

3.種まき後の注意点

ネギは土の乾燥に弱いため、土をたっぷりぬらしてやる必要がありますので、たねまき後は、水をいっぱいあげます。水量の目安は、プランターの底から水があふれるくらい水をあげます。天気の良い日なんかは、乾燥しやすいので朝と夜の水やりが必要となってきます。

今回は、プランターの幅の関係で、ネギのみの種をまきましたが、幅の広いプランターだと、ネギの種をまく間隔を空けて、間にホウレンソウを植えてもいいみたいです。

これは、葉ネギが余計な養分を吸いとり、そのことによってホウレンソウの苦み成分が増えすぎずにおいしくなるからだそうです。

早ければ1週間から10日後には芽がでてくるので、こまめに水やりしていこう♪

コメント