万願寺とうがらし・時無五寸人参・リーフレタス・シソの生育状況

家庭菜園日記(野菜)

 昨日のうちに、庭で育てている野菜の生育状況をチェックしたかったのですが、収穫している途中で、大雨が降ってきたので、今日は主にプランター栽培している野菜のチェックを行いました。

1.万願寺とうがらしの生育状況

 我が家で4月17日に苗を植えつけて育ててきた万願寺とうがらしは、「甘とう美人」という品種です。

 この品種は、果実はやや大きめですが、実が曲がったり、変形することが少ないので、我が家でも6月25日に初収穫をしてから、8月いっぱいまでで、72本の実を収穫することができました。

 そして、9月に入っても葉がほとんど枯れずに、株も元気な状態です。

 甘とうがらしは、花が開花して、その花の中に雌しべと雄しべがあるので、何もしなくても自然に自家受粉するので、とっても楽です。

 9月に入りましたが、まだ、花が咲き、実が着果してくれています♪

 甘とうがらしは、栽培管理が楽ですが、2~3週間に1回、有機質肥料の「ボカシ肥料を1株あたり10gまくことと、土が乾燥していたら、夜に水やりをする程度です。

 「甘とう美人」は、他のとうがらしに比べて、低温でも育ちやすいので、室内栽培やビニルを使った園芸ラックを使った栽培を行えば、秋栽培も可能なので、苗が手に入れば9月~10月上旬に植え付けして育てることもできますね☆

2.時無五寸人参の生育状況

 小スペースの我が家の庭で、どれだけたくさんの野菜を育てることができるかを考えて、調べていくうちに、ペットボトル栽培の手法があることを知りました。

 そこで、5月4日に種まきして、ペットボトルで育ててきた品種が、にんじんの「時無五寸人参」です。

404 NOT FOUND | 珠子のおいしいものを育てたい💚
家庭菜園でおいしいものを育てて家計食費の自給率アップを目指すブログです

 この品種を選んだ理由は、にんじん栽培が、野菜の中では難易度が高いため、そのにんじんの様々な品種の中でも、種まきからの収穫期間が短く、大きさが小さめのにんじんのほうが、比較的、栽培が簡単なので、この品種を選びました。

 6個のペットボトルで育てていますが、まだ、元気に育ってくれています(^^♪

 にんじんは、種まきから収穫まで3~4ヶ月ほどの長期間かかりますが、我が家のペットボトルにんじんは、種まきから、約4ヶ月経過したので、そろそろ収穫かな?と思います。

 そして、もう1か所、700サイズ・深さ30㎝のプランターで6月末から育てている「時無五寸人参」です。

 この場所は、陽当たりが、ぶどうの屋根によって陽当たり度合いが、まちまちなので、成長に差があります(-_-;)

 それでも、この中から、いくつかの株が実ってくれたらと思います。

 にんじんは、9月以降、価格上昇がありありそうなので、たくさん実るように追肥・水やり・陽当たりを管理していく必要があります。

3.リーフレタスとシソの生育状況

 昨年まで、リーフレタスはベランダでのプランター栽培のみで、1年を通して育てることができていますが、さらに収穫量を増やすために、今年からペットボトル栽培も開始しました。

 今、育てているものは、8月8日に8本のペットボトルに種をまいて、育てています。

 種まきから10日ほどで発芽してきましたが、最近は、雨が多かったので、成長がゆっくりになっています。

 特にベランダと違って、この場所は、陽当たりがあまり良くないので、生育が遅めになってしまいます。

 リーフレタスは、成長が遅くても晴れた日が続くと、一気に成長していくので、土の状態を見て、水のやりすぎに気を付けながら、育てていくことが大事になってきます。

 最後の、庭の片隅で育てているシソの生育状況です。

 このシソは、大きく育った株を頂いて、植えたものなので、そのまま元気に育ってくれて、必要な時に大葉を切って、料理に使っています。

 シソ栽培は、種まきから行うと、病害虫に気を付けたり、土の乾燥に気を付けないといけないですが、ある程度、育った株から育てていくのは、とても楽で良いです。

 さて、これで、現在、庭で育てている野菜・果物は、ミニトマト・いちご・ぶどう・ミョウガ・万願寺とうがらし・にんじん・リーフレタス・シソの8種類になりました。

 そして、ミニ畑の畝が、2畝、空いているので、そろそろ、秋に育てる野菜の計画を立てる必要がありますね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント