リーフレタスの久々の収穫とベビーリーフ栽培の終了~!

家庭菜園日記(野菜)

 12月になって、気温がグンと下がってきて、ベランダで育てている野菜達の生育も遅くなってきました。

 11月は比較的気温が高く、前半は野菜の成長がとっても早くて、夏・秋がシーズンの野菜も順調に育っていたので12月の収穫も楽しみにしていたのですが、いよいよ冬到来したのか?家庭菜園の作業もやることがなくなってきた感じです。

 そんな中、今日はしばらく放置状態だったリーフレタスの収穫とベビーリーフのプランターを綺麗に片づけました。

9月に種まきしたリーフレタスの収穫

9月23日に種まきをして、これまで、10/3(11g)、10/9(10g)、10/29(32g)、11/4(20g)、11/12(24g)、11/27(12g)と6回収穫してきたリーフレタスですが、まだまだ元気に育っています。

 さっそく、大きくなった葉の根元を園芸バサミで切って収穫していきます。

 葉モノは、毎回、収穫したら量の重さを計るようにしています。

 月末に収穫した野菜の自給率を出すのに、収穫した作物を時価に換算するために必要となるからです(^^♪

 今日の収穫量は、18gでした。

 まだ、まだ、何とかいけるとこまで成長を続けてほしいですね。

 リーフレタスと同じ9月23日に種まきしたベビーリーフも様子をチェックしました。

秋・冬のベビーリーフの栽培の終了

 リーフレタスと同じ2階のベランダでプランター栽培しているベビーリーフも9月23日に種まきをしたものです。

 ベビーリーフのこれまでの収穫量は、10/9(14g)、10/14(20g)、10/22(34g)、10/29(22g)、11/4(19g)、11/7(18g)、11/12(12g)、11/27(7g)と、合計146g収穫できました。

 春から夏にかけて育てていたベビーリーフも、今回と同じ8回収穫できましたが、葉のサイズは秋のほうが大きかったです。

 そして、今日、プランターを確認すると収穫できそうな大きく元気な葉もなかったので、プランターきれいに掃除しました。

 気温の低下もありますが、さすがに8回も収穫すると、成長が止まってしまっています。

 もう、これ以上、成長することはないので、ベビーリーフの葉や茎を処分していきます。

 そのまま、手で引っ張って、根っこごと引き抜いて、処分しました。

 プランターも綺麗になりました。

 このまま、別の野菜を育てることはできないので、土は再生利用するために、ふるいにかけて不純物を取り除いていきます。

 ふるいにかけて綺麗な土だけ下にふっていくと、ベビーリーフの根っこや大きい石ころが出てきます。

 このような不純物は、次の野菜の栽培用の土として使うとウイルスや病気の付着により、成長を邪魔してしまうので、ごみとして処分します。

 きれいに落とした土は、1~2日間、このまま天日干しして乾燥させます。

 使用済みの土の再生方法は、詳しくは、こちらに掲載していますので、ご参考にしてください。

使用済みの野菜培養土の再生利用①
 春のベビーリーフに始まり、これまでたくさんの野菜・果物が収獲出来ました。 収獲し終わった後の土は、また、再生利用するために元の培養土の袋に入れていってまとめていました。 そして、使用済みの培養土は、まず、育てた植物の根っこや虫の残骸などを
使用済みの野菜培養土の再生利用②
 6月下旬に種まきを行ってから約2ヶ月半経過したシソの葉とリーフレタスが元気に育っています。 今朝も元気な大葉とリーフレタスの緑色の葉を収獲出来ました♪ 今日の収獲量は、大葉12枚、リーフレタス32gでした。 よく見ると、シソの花も咲いてい

コメント