6月始めのミニ畑辺りの野菜と果物の菜園状況

かぼちゃ

 6月に入ったので、栽培している野菜と果物の生育状況の確認です。月に2回だけ全ての作物の生育状況を確認していますが、その理由は次の通りです。

 ・追肥忘れがないか?

 ・病害虫に侵されていないか?

 ・収穫時期が来ていないか?

 ・元気に成長しているか?

 を確認するためです。今、14種類の作物を育てているので、毎日、全部チェックするのは無理なのと、追肥を行う必要のある作物で短い期間のものは2週間に1度は追肥を行う必要があるからです。

 今年の栽培プランは、こんな感じでやっています。

 今日は、ミニ畑とその周辺に置いているかぼちゃ、枝豆、みょうがの生育状況の確認を行いました。

レモンの生育状況

 木を植えて5年目になるレモンの木ですが、毎年、なかなか実がならないので、3月に半円形仕立てになるように枝を両側に紐で引っ張って固定をしました。その後、3回の剪定を行い、4つ花が開花して散っていきました。秋になったらそこから実がなるんでしょうか?まだ、6月に入ったばかりなので、もう少し花が咲いてくれないかなと祈ってます。レモンの秋に採れる秋果の開花時期は5月~6月です。

いちごの生育状況

 11月に苗の植え付けを行い、5月いっぱいをもって収獲を終えたいちごの畝です。

 今は、冬から育てる苗づくりのため、ランナーを伸ばしていって、子株を増やすようにしています。4日前に針金でプランターの土に固定していた子株からは、ちょっとランナーが出始めています。他の親株からもランナーが出て欲しいです。

じゃがいもの生育状況

 ミニ畑の中で、一番、緑の色が濃いじゃがいもの様子です。ほとんどの花が咲き終わり、いよいよ収獲に向けて葉が黄色くなっていく頃です。土の中を掘って、いもの生育状態を見たいのですが、太陽に当たるとソラニン(有毒物質)ができてしまうので、ぐっと我慢です。収獲して、ジャーマンポテトを作る日が待ち遠しいです♪

ミニトマトの生育状況

 4/19に苗の植え付けを行い、2日前に2本仕立ての支柱への誘引も終わったミニトマトのアイコですが、4カ所ほど着果しています。1カ所で8個ほど実が採れそうなので、6月中には何度か収獲きそうです。これからは、水やり→陽当たり→乾燥→水やりをこまめに繰り返して、病害虫にだけは侵されないように気をつける必要があります。

かぼちゃと枝豆の生育状況

 それぞれプランターと鉢に苗を植え付けたかぼちゃと枝豆ですが、茎が伸びていって、今のところ順調に成長しています。土作りの時に苦土石灰は入れていないので、雨が降った時に酸性雨に当たらないようにだけは気をつけています。枝豆は雨の当たらないところへ、かぼちゃは使い古した傘を代用して、雨が当たらないようにしています。昨日、支柱への誘引を行った枝豆は、もう支柱にからみついています。野菜って順応性が早いですね。

みょうがの生育状況

 4つの鉢で育てているみょうがですが、ここのところ快晴の日も多いので、1日中、陽の当たらない場所へ移動させました。みょうがの蕾(花蕾)は、陽に当たりすぎると綺麗なピンク色にならずに味も落ちてしまうため、わらを敷き、太陽に当たらないようにしています。

 みょうがは地下茎を土の中に植えてから3ヶ月ほど過ぎましたが、収獲までは5ヶ月ほどかかるので、あと2ヶ月は待たないといけません。それにしても、たくさん育ってきているので、いくつかは、みょうがたけ(茎の部分を食用にするために白く栽培したミョウガ)に挑戦しても良いかなと思ってます。明日は、雨降りの予報ですが、ベランダ菜園の生育状況を見てみようと思います。

コメント