GWはベランダ菜園の成長真っ盛り

家庭菜園日記

 世間ではGWも今日で終わりと言われていますね。

 私は、一昨日と昨日と仕事があったため、もうGW気分は抜けきっていますが、各行楽地で人出が多いニュースを見るのは久しぶりなので、やっぱりいいものですね♪

 さて、我が家の家庭菜園ですが、GW中は天気にも恵まれて、ベランダで育てている野菜達も一気に成長してきました!

 太陽・水・風通しの3つがそろえば、露地栽培でもプランター栽培でも関係なく、成長が促されますね。

 今週は、早くも梅雨入りのニュースが流れていますが、プランター栽培であれば、いざ嵐とかになっても、室内に取り込めば、難を逃れることもできます。

 重労働になりますが・・・(^^;)

 今日のベランダの様子を見ると、レタス類の収穫といちごがたくさん実を付けてきました。

リーフレタスとベビーリーフの収穫

 ベランダでプランター栽培しているリーフレタスは、種まきしてから約2ヶ月経過して、成長がゆっくりですが、根強く成長しています。

 今日は2回目の収穫です。

 そして、ベビーリーフも3月13日に種まきしたので、約2ヶ月経過です。

 ベビーリーフは切っても切っても、どんどん成長してくる成長循環してきました♪

 ベビーリーフは、3回目の収穫です。

 もう習慣化している収穫した野菜の重さを計って、日記に残しておきます。

 こうすると、月末に収穫した野菜の量と時価を計算して、我が家の食費の自給率を出すことができます(^^♪

 リーフレタス8g、ベビーリーフ14gでした☆

 レタス類は、そのまま冷蔵庫で保存しておくと、すぐにしおれてしまうので、100均ショップの不織布ふきんとフリーザーバッグを使って冷蔵庫で保存します。

 こうやって保存しておくと最長2週間は、シャキッとしたまま保存しておくことができます。

 詳しい保存方法は、こちらの記事もご覧ください。

404 NOT FOUND | 珠子のおいしいものを育てたい💚
家庭菜園でおいしいものを育てて家計食費の自給率アップを目指すブログです

ベランダのいちごが次々に開花!

 いちごのワイルドストロベリー(四季なりいちご)は、露地栽培とプランター栽培を行っていますが、ベランダの園芸ラックに設置したプランターのいちごが最も花を咲かせています。

 おそらく、日光・風通しが我が家で一番、良い場所なのでしょう。

 昨年のいちご栽培は、露地栽培のみでしたが、家の中で別々の場所で同じ植物を育ててみて、比較することによって、その植物の最も適した場所を発見できるのも家庭菜園の楽しいところですね。

 ベランダには、ミツバチも寄ってきやすいのかもしれません。

 少しですが、赤く染まってきています。

 今年は、露地よりもプランターの方が収穫できるいちごが多いかも?です。

コメント