キャベツさとうくんと韓国とうがらしの収穫

キャベツ

 9月に苗の植え付けを行ったキャベツのさとうくんですが、12月に入ってもなかなか、結球してくれません。

 「苗の植え付けの間隔が狭すぎたのか?」

 「最初の追肥が遅かったのか?」

 原因は分かりませんが、外葉がかなり大きくなってきたので、3つの苗のうち、真ん中の苗を収穫することにしました。

キャベツの収穫方法

 結球したキャベツは、本来、外葉を1~2枚含んで結球したキャベツを株元から切り取って収穫します。

 また、結球しない葉キャベツは、外葉から大きくなった葉のみを手で収穫します。

 私が育てている「さとうくん」という品種は、本来、結球するキャベツなんですが、結球していないためにもう少し、そのまま育てていたほうが良いのですが、外葉が大きくなってきて株どうしが混み合ってきたので、真ん中の株をそのまま採ることにしました。

 横幅1.5mの畝に3つの苗を植えたので、ネットの中が葉で混雑しすぎです(^^ゞ

 ネットをめくると・・・

 外葉どうしが重なり合っているので、真ん中の株を根から引き抜きます。

 株元から手を使って引き抜くと、簡単に根こそぎ引き抜くことができます。

 とても大きな葉を付けたキャベツが採れました♪

 ネットのおかげで、虫に食べられることもなく、葉はとっても綺麗です。

 あとは、結球してくれれば良かったのですが・・・

 残った株は、結球してくれるように追肥を行いました。

 化成肥料を1株あたり30gずつ、株元にまいて水やりをしておきました。

 キャベツの収穫時期は12月いっぱいまでですが、これで結球してくれたらいいな。

韓国とうがらしの収穫

 さて、ベランダのほうは、6月に苗を植えつけた韓国とうがらしが、まだ、青い実を付けてくれいます。

 とうがらしは、本来は、収穫時期が11月中旬ころまでなのですが、今年の11月は暖かい日が多かったので、まだ、実が残った感じです。

 葉は、全部、枯れてしまっています。

 ここから新しい身を付けることは考えられないので、付いている実を全部、収穫しました。

 とうがらしは、実の上の房の部分を園芸バサミを使って、切って収穫していきます。

 今年最後の収穫は、とうがらし15個でした。

 これだけ採れたら、しょうゆとかつお節で炒めて食べたら美味しいだろうな(^^♪

コメント