リーフレタス1回目の収穫とベビーリーフ2回目の収穫

リーフレタス

 去年の4月から今年の3月までの1年間で、我が家で採れたリーフレタスは710gでした。

 これを今の時価に換算すると、「価格.com」のサイトより、平均的なグリーンリーフレタスが100gで220円なので、710gで2,272円になります。

 かかった費用は、種代110円のみで、土はほとんど再生利用したもの、プランタ-や肥料は手持ちのを使っているので、2,000円ちょっと節約できたことになります。

 そして、これを毎年、繰り返していると経験値も上がってきて、育てる量がどんどん増えていきます。

 なので、物価上昇対策には、家庭菜園も有効な手段だと私は思ってます(^^♪

 そして、リーフレタスはベランダでも通年で栽培できるので、とっても重宝している野菜です。

(ちなみに私が住んでいる京都の郊外地は、夏は最高気温40℃前後、冬は最低気温が-3℃近くまで下がるような地域です。)

 そんな環境の中で、今年も3月5日に種まきしたリーフレタスが育ってきました。

グリーンリーフレタスの1回目の収穫

 今年のリーフレタスの種は、サカタのタネの「リーフレタスグリーン」を使っています。

 この種は、暑さにも寒さにも強く、発芽率は、ほぼ100%なので、かなりおススメです。

 種まきしてから約50日ほどかかりましたが、収穫サイズに育ってきました♪

 収穫できそうなサイズを根元から園芸バサミで切っていきます。

 よく見ると天敵のアブラムシがポツポツ現れてきています(>_<)

 今年も、何とか対策を練らなければなりません・・・

 このプランターでは初収穫となりましたが、まずまず採れました!

 毎月末に自給率を計算するために重さもきちんと計っておきます。

 今日のリーフレタスの収穫量は15gでした。

ベビーリーフの2回目の収穫

 ベビーリーフは、3月13日に種まきを行い、4月19日に1回目の収穫を行いました。

 それから、9日間経過した昨日、2回目の収穫を行いました。

 このベビーリーフは、壬生菜、水菜、高菜、紫たか菜の4種類の種が入っていますが、前回の収穫は、ほとんど壬生菜でした。

 それから9日経つと、水菜や高菜も大きくなってきました。

 ベビーリーフ栽培の楽しさは、1つのプランターの中に数種類の野菜が並んでいるところもありますね☆

 ベビーリーフも大きいサイズの葉を根元からカットしていきます。

 ベビーリーフは、切ってそのままにしておくと、すぐに傷んでしまうので、食べる分だけを採っていきます。

 ベビーリーフの収穫は16gでした。

 ベビーリーフもリーフレタスと同様にたくさんの種が入っているので、省スペースを生かして、どれだけ育てられるかがポイントですね。

 今年は、ペットボトル栽培も活用しながら、収穫量をどんどん増やしていこうと思ってます(^_^)

 ペットボトル栽培の方法は、こちらの記事もご参考にしてください。

404 NOT FOUND | 珠子のおいしいものを育てたい💚
家庭菜園でおいしいものを育てて家計食費の自給率アップを目指すブログです

コメント