今日のベランダ野菜の収穫とベビーリーフの間引き

ベビーリーフ

 現在、我が家のベランダでプランター栽培している野菜・果物は、九条ねぎ、ニラ、ベビーリーフ、リーフレタス、ラディッシュ、いちご、メロンの7品種になりました。

 そのうち、ベビーリーフ、ラディッシュ、九条ねぎは、種のまく時期をずらして、2つのプランターで育てています。

 この「ずらし種まき」を8月6日に行ったベビーリーフとラディッシュが、5日間で発芽してきました。

 ラディッシュは、ポツポツと発芽(^^♪

 ベビーリーフは、たくさんの芽が発芽しました!(^^)!

 そして、6月と7月に種まきしたリーフレタスとベビーリーフは、収穫サイクルに入っています。

 今日も、野菜の葉が元気な午前中のうちに収穫を行いました。

今日のベビーリーフとリーフレタスの収穫

 リーフレタスは、6月28日に種まきを行ったもので、今日で4回目の収穫になります。

 リーフレタスは、大きくなった葉から葉の根元を切って収穫すると、何度も収穫を繰り返すことができます。

 そして、リーフレタスは、キク科の野菜で、害虫が発生することがほとんど無いので、とても育てやすいです☆

 次に、ベビーリーフの成長の様子です。

 このベビーリーフは、7月13日に種まきを行ったもので、今日で3回目の収穫になります。

 種の品種は、トーホク種苗の「和風ミックス」という品種で、小松菜・水菜・高菜・紫高菜の4種類の種が混ざっています。

 ベビーリーフの種は、それぞれの野菜の品種の葉が、幼い時に収穫できるように品種改良されて作られた種で、葉が若い分だけ、栄養分がたっぷり含まれています。

 私もベビーリーフ栽培をして、主にサラダとして食べ始めてから、体調がとても良いです。

 (特に、ビタミンが豊富なので、暑さに強くなった気がします(^^;)

 今日も、大きくなった葉の根元から切って収穫しました。

 今日の収穫量は、リーフレタスが5g、ベビーリーフが7gでした。

 このようにプランターでサラダに使える野菜を育てて、数日に1回、収穫できると、カット野菜サラダなどを購入しなくても、様々な栄養分を含んだ野菜を採ることができます☆

ベビーリーフの間引き

新たなベビーリーフの種をまいてから5日目ですが、たくさんの芽が出てきました!

 せっかく発芽した芽を全部、残して成長させれば、それだけ収穫量が増えますが、全ての芽を育てていくと、それだけ栄養が分散されてしまいます。

 野菜の作物の栄養は土に含まれていて、たくさんの芽が出ていても、栄養素の量は同じです。

 たくさんの芽が混み合っているとそれだけ1つの芽が接種できる栄養素が少なくなりますので、栄養が不足していると成長も遅いし、できた作物の品質も良くありません。

 また、もう1つの理由として、葉が大きくなってくると葉っぱどうしが重なってきます。

 苗がたくさん生えていて、混み合っていると葉が重なることによって、太陽の光を浴びる量が少なくなってきて、成長に悪影響を及ぼし、また、害虫(特にアブラムシ!)の発生の原因にもなります。

 そこで、ベビーリーフは、芽が混み合ってくると必ず、間引きを行います。

 プランター栽培の良いところは、今日のような猛暑日でも、プランターを部屋の中に持ち込めば、クーラーの効いた涼しい部屋で間引き作業を行うことができます。

 間引きする芽の選び方ですが、芽と芽の間が1~2cmくらいになるように間引きます。

 また、間引く芽の見きわめ方ですが、次の3つのポイントを目安に選びます。

 ○葉の色が薄かったり、黄色に変色している。

 ○周りの芽に比べて成長が遅かったので、小さい。

 ○茎が細くてひょろひょろしている。

 間引き方は、指でつまんで、そのまま抜いてもいいのですが、芽の量がたくさんあり、混み合っていると引き抜いた時に他の芽まで付いてきたり、土がごっそり抜けてしまうこともあります。

 そこで、ピンセットを使って1本1本抜いていくと、スルッと簡単に間引きすることができます。

 これで、風通しも良く、スッキリと間引きすることができました!!

 ベビーリーフの芽は、まだ、出てくるので、あと数回は、間引きを行う必要があります。

 まだ、猛暑日が続きそうですが、暑い時期でも元気に育つ、栄養分が豊富なベビーリーフは、我が家の家庭菜園で欠かせないものになっています(^^♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント